棚田キャンドル

2000個の灯りがともる幻想的な世界

毎年、田植え後、収穫後の春・秋の2回、集落120戸の力を結集し、棚田にこの幻想的な世界を作りだします。平成24年度から続くこの『棚田キャンドル』には遠方からも多く訪れる、集落の一大イベントです。

【開催時期】5月中旬・9月下旬
【開催場所】田烏地区棚田

f_002_3

春は、棚田の田植えが一斉に始まり、ゴールデンウィーク過ぎると早苗が春風に揺らいでいます。水面には2000本のろうそくの灯が映え、沖にはイカ釣りの漁火が、向の集落明かりが幻想的な空間を作ります。
秋には、潮風に育まれおいしく実ったコシヒカリが収穫され、ハサバに並びます。刈り取られた株から色とりどりの光が稲穂を照らします。毎年、田烏と棚田の写真コンテストが開催され、たくさんのカメラマンに楽しんでいただいております。

can_003

can_001


can_002

can_004