次世代に残す自然・棚田

c_002

我々が次世代に残していきたいのがこの棚田です。昔は500枚以上あり、歩く道のみで運搬物は背負って運んでいました。昭和61年に土地改良をし、約100枚になりましたが、紺碧の田烏の海を背景にしたこの棚田の景観は、地域の財産であり、日本の原風景でもあると思います。

このような自然景観は、次世代に受け継いでいかなければならない、大切な預かりものだと感じています


c_005_1,次世代に残す自然『棚田』

c_004,次世代に残す自然『棚田』

c_003,次世代に残す自然『棚田』



棚田を活かした一大イベントを開催

e_006

日中の棚田は、紺碧の海と青い空に映え、実に美しい。それでは、夜は?・・・・そうです。真っ暗です。
でも真っ暗だからこそできるイベントがあります。それが、田烏の一大イベント『棚田キャンドル』です。